プエラリアミリフィカの効果効能ラボ!

画像

プエラリアミリフィカはどうやって食べるの?

閉経前後、つまり大体45~55歳前後で現れる更年期障害ですが、最近では、それよりずっと前の20~30代にて更年期障害の症状のようなでほてりやのぼせ、さらに精神的にイライラするなどの症状が出ている、という女性が増えてきているといいます。
必ずしも閉経が早まった、というわけではないのですが、実はプチ更年期、プレ更年期と呼ばれる症状で、生活習慣病のように昔では稀だったものがメジャー化しているものの1つです。
では、なぜこのような状況になってしまったのでしょうか。

そもそも更年期障害とは、卵巣機能が低下することによって女性ホルモンであるエストロゲン分泌量の減少がによって起こる症状のことです。
基本的に20~30代の女性というと、むしろ妊娠・出産適齢期ということで最も卵巣の機能が良いと言われている時期のはずです。
そんな絶頂期に更年期障害に悩まされる原因として、ストレスや過労、そして不規則な生活、不摂生な食生活が重なることによって生まれる自律神経の乱れが挙げられます。

ホルモン分泌というのは非常に絶妙なバランスによって保たれていて、少しでも以上が生まれでしまうと大きく体に不調を出してしまう危険性があるのです。
その他結果、更年期障害というのが、あまりにも早い段階でみられるようになるのです。
そんな時にオススメなのが、女性ホルモンに似た作用を及ぼしてくれるプエラリアミリフィカです。

この植物は女性ホルモン様作用のある大豆イソフラボンを大豆の約40倍以上も含み、さらにイソフラボンの作用より1000倍、10000倍も強力な特有成分を含んでいるのです。
しかし、その効果が注目され、自生している対などで乱獲が始まったことから今では輸入品というのは本当に限られています。
しかしもしプエラリアミリフィカを手に入れたのであれば、球塊をすりつぶしてスープに入れたり、切り刻んでハーブとしてチャーハンなどの炒めものに加える調理法がオススメです。
ただし、あまり摂り過ぎると副作用の危険があるので、摂取量を守って食べるようにしましょう。

Contents
コンテンツ メニュー

Font Size
文字の大きさを変更

Recommend
おすすめランキング

    ランキング1位
    バストアップサプリB-UP

    2位
    ハイスピード・プエラリア100

    3位
    ベルタプエラリア

Other

Copyright© 2010 Pueraria mirifica effect All Rights Reserved.